主婦時々宗家 nobusouke.exblog.jp

舞は楽し、のほほん主婦


by のんのん
プロフィールを見る
画像一覧

コードレス

あれぇ?昨日買ったポット、電源切っても給湯できるって言ってたけどなぁ。最新の型にはあるのかな?

アッハッハ。ロック解除しなくちゃ動きませんわネ。失礼しました〜。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-27 13:24 | Comments(0)

花富士流

現在、花富士流の名前で活動している流派は当流派のみと存じます。もしその名で活動しているサークルがありましたら当流とは関係のないグループです。

当流では、剣舞、詩舞、創作舞をしております。ワタクシの自宅が主な活動場所です。自宅近くの公民館(広島市西区)で「乃舞の会」というサークルを登録しております。

以前の教室は閉めました(2018・3末)。サークルでは剣舞詩舞を通して様々な教養を高めるべく、主に歴史的な事柄をどなたかと勉強してまいりたいと思っております。花富士流教養部とでもいいましょうか。

流派外からの特別講師として指導者は、歴史を研究されておられる大学の先生がボランティアでお越し願えればと考える次第ですが、なかなかそうもいかず空席となっております(剣舞、詩舞、創作舞は習いたいという方がいらっしゃれば宗家であるワタクシが手ほどきいたします)。





[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-23 13:51 | 花富士流 | Comments(0)

親子旅

先日のフラっとプチプチ旅でおそらく親子とおぼしき二人の女性をみかけました(娘さんの方はワタクシと同じくらいの歳かと)。

お母さんを労わりながらの旅の途中だったのでしょうか。それとも出雲大社だけを目当てにいらしたのか、いずれにしても親孝行。

非日常の出来事は脳の若さを保つのに役立つそうです。旅はまさにうってつけ。そういう意味でも良い事なさいましたね。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-22 14:51 | 旅日記 | Comments(0)

あ!そうじゃった!

只今調べ物が佳境に入っておりまして、息子のバースデーを忘れるという失態。まぁもういい大人ではありますが、還暦過ぎたワタクシでも「オメデトウ❗️」と言われるとイヤイヤと言いながらもウヒッとなります。わりぃわりぃ。

寅さんのようにフラっとお出かけ(バナナの叩き売りではアリマセン)する母親を、元気ならいっか風の程良い距離感でいてくれる(夫も同じ?う〜ん多分)事に感謝。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-21 18:14 | Comments(0)

自由な女王

そこに暮らすとなると、普通に考えれば「エー!?」となる文明社会に慣れた私達。山深く2000m級の山並みが見事な村だ。1組の夫婦と子供達で迎える紀元節の食卓は実に豊かなのだ。口下手だけど優しい夫とよく働く家族思いの妻。

石造りの家まで自分たちで建てている。若いのに本当に感心する。笑顔がまた良い。化粧気のない顔に民族特有の髪飾りがよく似合う。その村は「美人」で有名なのだそうだが、上辺だけではない見事な美しさだ。末永くお幸せに。心から。



[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-17 16:55 | テレビ見聞録 | Comments(0)

間違えた!?

先日のプチプチ旅でのひとコマ。大社へ行くバス待ち30分。昼時だし蕎麦でもと某所に。オムスビとセットで「いただきま〜す」。ズズズ。・・・ズズ・・・・・。

え〜と。たしかワタクシ今全国的に有名な蕎麦の産地にいるよね?スットコパワーで行き先間違えた???

と反省しかかるほどのある意味逸品。あ、オムスビは美味しかったです。2年前の長野といい、どうもワタクシ旅先での美味しい蕎麦に縁がないようデス。

そう。ワタクシに縁がないだけで市内の殆どの蕎麦屋さんはイケるに違いありません。うんうん。

あ、そうそう。松江駅のパン屋さん。陳列棚をスッポリおおうガラス(かアクリル?)の引き違いのカバーが設置してありました。オー!!さすが不昧公のお膝元。気が利いてるじゃありませんか。パチパチパチ。パンはどれも美味しかったですヨ。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-15 16:45 | 旅日記 | Comments(0)

そのワケ

見損ねたワケは出雲大社へ行ってきましたので。その前に八重垣神社に行きました。観光案内所の人にススメられて。良かったです。なんというかハデハデしくなくて。参拝してさらに奥の橋を渡ったら池があります。若い人達が占うアレです。

ヒッソリとした佇まいが好もしくゆかしく感じられました。観光案内所の方ありがとうございました。あくる日は出雲大社です。一度県外の親戚(姉夫婦)に連れて行ってもらった事がありますが、いつかひとりで行ってみたかったのです。

正面の鳥居が見えるともうニンマリが止まりません。神域感アリアリの松の参道(保護の為真ん中の道は通れません)を観光オバちゃん感満載でキョロキョロしながら進みます。参拝を済ませるとナニやら神官の方達が儀式?らしき事を。ホーホー。順に本殿の中に消えて行かれました。

あれ??団体さん(あるいはご祈祷にみえた方達か?)が瑞垣の中へ。白い玉砂利を踏んで本殿近くに。ホー。そういう事もありますか。暫くして舞殿にてデデンデンと太鼓の音。ヘーホー。かの人達が神妙にこうべを垂れています。縁もゆかりもないワタクシですが、きっとお聞き届け下さることでしょう。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-14 15:46 | 旅日記 | Comments(0)

おめでとう

ついに結婚!そしてパパに!!おめでたい!!!お幸せに。リーサルウェポン面白〜〜い。まだ手造り感満載の良い映画。2と3を見損ねたけど又いつか再放送があるのを楽しみにしたい。
[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-14 15:09 | テレビ見聞録 | Comments(0)

カキノタネ

自分で調べた資料の範囲が広すぎて「コレ!!」というものが五里霧中。一応テーマは漠然とあったのですが、ワタクシのクセで気になる事柄があるとドンドン幹から離れて枝葉を広げてしまうのです。で、「名前も知らない木」になるのです。ホホホ。

今その木の下で両手を頭の後ろにロッキングチェアーに揺られている・・・といったトコロでしょうか。ドシャっとスコールにあいその後のスカッと晴れ渡った空を見上げて天啓を得、家へとって返し机に向かってペンを走らせたいものです。

と、妄想はいいとしてナンカもすこしなんだけど。パーっと何処かへ行きますかぁ。幼い頃の「カミサマノイウトオリ、カッカノカッカノカキノタネ」て訳にはいきませんネ(地方によって言い方は違うと思います)。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-06 20:52 | 花富士流 | Comments(0)

エキサイトさ〜ん

記事があがってるかどうか確認したいのですが新着記事のコーナーがでませ〜ん!ブログトップも下部分がでませ〜ん!!マイブログは新しい記事1つしか表示されませ〜ん!!!どうなっておりますでしょうか〜????
[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-06-04 11:05 | Comments(0)