人気ブログランキング |

主婦時々宗家 nobusouke.exblog.jp

舞は楽し、のほほん主婦


by のんのん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

初夏でしょか?

殊勝な言葉で旅日記を締めくくりましたがマァ思いついた時にパパッと行くので家族には現地からの報告。オホ。

いやぁ、このピーカンの天気に行かなくて良かったぁ。まだアレですよね、爽やかさ満載のはずの五月ですよね?夏真っ盛りの神様勇み足。

ま、カープ連勝中ならヨカヨカってことで。ウヒョ!!

# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-25 12:06 | Comments(0)

微笑みのお国柄(5)

なんだかんだで無事帰宅。今回も沢山の収穫がありました。交通機関を活用すれば時短にも経済的にも節約出来る事。なにせ2016年にはどこへ行くにも一旦京都駅へ戻っていたので効率悪い事甚だしかったのです。

今回感じた事といえば、モナリザか?それともココは微笑みの国?な経験少なからず。見ず知らずの奥様風の方々がニッコリと。謎の微笑み。何を言うでもなくにこやかに。ホワ〜イ??ワタクシは中途半端な苦笑いをするしかないのでした。

スットコを助けて下さったJRをはじめ公共交通機関の皆さん、各街の親切な皆さん、有難うございました。各地ですれ違ったご同輩(お一人で旅をされているとおぼしき方達)、楽しい思い出と共にお帰りになりましたでしょうか。

《 行きたいところへ真っ先に行け 》をワタクシ自身への教訓と致しまして次回に活かしたいと存じます(鳥獣戯画〜!まだ言ってる)。それと靴は慎重に選ぶべし。必須。

あ、醍醐寺内にあるナントカ庵のさくら御膳(適当に命名)なる一食は、桜色の素麺とサクサクの天ぷら、湯葉丼で美味でございました〜。この機会をくれた家族に感謝。

# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-21 18:44 | 旅日記 | Comments(0)

微笑みのお国柄(4)

あったー!!素晴らし日本!!素敵な京都!!凄いぞ厄払い(ココだったのだ)!!!やれやれ。と、改札を通って待合室に向かった。

夕方7時台の新幹線だったが(目一杯観光して廻る筈が)早い便に替えてもらった。それでもまだ時間がある。待合室はいっぱい。ワタクシひとり分くらい空いてないかなぁと見渡した。

ソコだけぽっかりスポットライトが当たったように不自然に空いている席がある。ラッキー!るんるんと腰掛けると『ありゃ、向かいの人達ただならぬ雰囲気』

そうなのです。修学旅行かなんかのお子が蹲っている。引率の先生やら駅員さんの冷静かつ迅速な対応で救急車(?)に運ばれて行った。隣に座っていた男性はたまたまソコにいてあちこちに電話するなどの協力をされたようだ。スッとどこかに消えていた。

ク〜〜〜!ニクイね!!人情未だ廃れず。え?ワタクシ?その一部始終を目の前で見ておりました。既にいろんな段取りがなされたトコロだったようで「頑張れお子!!」と念じるのみでありました。元気に学校行ってるといいね。

# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-21 15:09 | 旅日記 | Comments(0)

微笑みのお国柄(3)

祭は続いておりましたが、しかも巫女さんの舞もあるやに思うのですが、見えなくてはやむなし。ピャラ〜の音を後に他を回りましょう。宝物館良かったです。

ここまで読まれた皆様の疑問にお答え致しましょう。「足は大丈夫なのか?」ええ、ええソロ〜リソロ〜リならイケます。二の鳥居から祭の様子まで痛さを忘れておりましたが無情にも復活の兆し。

あとは帰るのみ。いや長谷寺はどうする、室生寺は?迷った末やはり京都駅に帰ろう!還暦過ぎたら無理は禁物。元気スイッチもオフに切り替わる。

バス待ちから話し込む見知らぬ同士のご婦人二人。お一人は80代。お元気そのもの。袖振り合うも他生の縁。お二人の会話を聞いていてほっこりしました。あ、ワタクシのことはお構いなく。

京都駅に戻りコインロッカーから荷物を取り出し増えた荷物用のバッグを購入。腹拵えして店を出る祭、『あれ?荷物これだけだっけ?何か足りない・・ああ!!!キャリーバッグ!!!」慌てて土産物屋近くの柱にダッシュ!!

# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-21 14:40 | 旅日記 | Comments(0)

微笑みのお国柄(2)

自然と文化をテーマとしているワタクシのひとり旅。自然の中には動物を含み、自然を生かしたプチアドベンチャーもアクセントとして取り入れたいところです。

和歌山県の筏下りなんぞ良いですねぇ。なんてもう次の旅にウヒャウヒャしておりますが、今回の旅の振り返りを今しばらく続けましょう。

近鉄特急のナイスな座席に体を沈め乗換えて・・えーっとどこで降りたんだっけ。とにかく最寄りの駅からバスに乗り継ぎ参拝口。さぁ歩くぞ〜。一の鳥居は目の前。さらにテクテク。松林を抜けて夜店(朝だけど)が途切れたら二の鳥居。

キョロキョロしながら砂利道を進むとナントカ社でこちらを必ずお参りして拝殿へ。ん?人が結構いてはります。殿舎の中もなにやら厳かな雰囲気。祝詞みたいなのが奏上されています。急いで二礼し大きな音を立てては迷惑かとソッと柏手を打ち一礼して横に控えると、皆さん結構な音で打ちなさる。な〜んだ良いんじゃん。

気を利かせたつもりで失敗するパターン。ナンタラ祭にお集まりの地の人達の「物知らずメ」の圧に恐縮。ホント敬虔な方々(若い人)に感慨ひとしお。

# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-21 14:00 | 旅日記 | Comments(0)

微笑みのお国柄

16・17と過ごして三日目の18日。今日は奈良へ。荷物をまとめ着替える。昨日買った細身の七分丈のパンツ。う〜ん、若い子が履くと細身ではないのかもしれないがオバちゃんが履くとなんともカントモ。

で、別のをその上から履いてみる。いいじゃん。裾がチョット出るけど「新しいファッションなのね」と思われなくもない(そうかぁ??)バッチリ。オバちゃんは細かいこと気にしない。というより恥ずかしいという感覚が薄れていく。ダハ。

いざ京都駅。路線図をみて切符を・・・買えない!自販機がフリーズした!うぇ〜ん駅員さ〜ん!とチケット売り場に駆けようとするとインド系の女性から声をかけられた。オカネ!オカネ!と。

はい、ワタクシの千円札を飲み込んだ自販機は不味かったのか吐き出したのだ。「アリガト」となぜか片言でお礼を言うスットコオバちゃん。外国の方に助けられてりゃ世話は無い。あ〜確実にスットコはアジアを席捲したな。トホホ。

いい事あり。特急で伊勢神宮へ行けるってわかった事。名古屋から紀勢線でゆられて行ったのは何だったんだ?あれはあれで楽しかったケド。

# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-21 09:04 | 旅日記 | Comments(0)
明日は大神神社だしなぁ。紺の裾が細くなったパンツ発見。でも短い。裏も無い。キョロキョロ。同じく裏が無くワンサイズ大きいキュロット(って言わない?)と柄ものヒラヒラワイドパンツの三枚を試着。

う〜〜〜ん。で、内二枚購入。これが旅の恥は掻き捨ての元。明日に備えて体調万全にして早く寝なくては。ん、よく頑張った今日は。自画自賛。二日目終了。

あーそうそう、夜中に煩悩の塊である夫から俗物そのもののメールが入ったのでガン無視してやった。アホか!!なに想像してんだク○野郎!!



# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-20 23:22 | 旅日記 | Comments(0)
おっき〜〜い龍図。感激。職員さんがマイク片手に説明してくれる。へぇ〜、ほ〜、は〜ぁ。関心しきりである。続いて食事を作るところ。おおきな釜が四つ。五つだったか?湯、ご飯、汁物、お菜、四つか。初めて禅寺のこゆとこ見たので興味尽きず。

日頃風など通らないはずの場所(職員さん談)から涼やかな風が吹き抜ける。玄関に輿のようなのがあったがそれは説明スルー。でもとても上手に語られました。解散となり又ひとりヒョコヒョコと歩いて南門へ。

ムフフ。JRを使えば京都駅直。覚えてまっせぇ。途中大きなモニュメント。あらぁ、こっちから来たら間違えようがないわいな。薬局があったので風邪薬とバ○テ○ンと貼り薬を購入。なにもソコでとお思いでしょう?京都駅に着いたら何処へも寄らずホテルに直行したかったのです。

思いもよらずJRは満員。ギュウギュウではないにしろヘロヘロのワタクシに立ちっぱなしは辛かった。ホテルで汗を流し、明日履くスラックスが無いことに気付き(昨日も今日も裾が埃だらけになるとは思わず)むくんだ足に無理矢理靴を履かせて近くの大型スーパー(広島で言うところの)に。オホホ。無いねん。ジャストな物がないねん。



# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-20 23:06 | 旅日記 | Comments(0)
う、う、う、2016年の奈良を思い出す〜。歩けど歩けど目標に到達せず(ソロリソロリなので尚更)。途中学生さん風の女の子に聞いてみた。「妙心寺にはこの道で?」

女の子困惑した顔で「え、ええ。はいそうなんですが・・」あいやお嬢さんミナまでおっしゃいますな。「だいぶ遠いですよね?」と再度問えば、あぁそれは知ってはいるんだと幾分か安心した顔になり大きく頷くのでした。

ゴメンね。スットコドッコイ(粗忽者)のトンチンカンな問いかけに何と答えたものか悩ませて。ハイ、オバちゃんたどり着きました。昼下がりの住宅街。結構な距離至る所に「竜安寺ナニナニ」の文字がおどる中、めげずに歩き通しましたとも。

途中嵐電の駅があり、丁度到着しそうな電車にビビッとくるどころか反対方向のホームにワザワザ引き返していたら目の前を通り過ぎた、なんて事はノープロブレム。

ともかく北門に到着。やれやれ。え?ココからまだ歩く?もう歩き方なんぞ気にしちゃいられません。ドテドテと重心を左右に揺らしつつ目はキョロキョロ。アッハッハ。仏様も哀れに思われたか丁度堂内見学の人たちに混ぜてもらいました。キャ〜昇り竜!!



# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-20 19:56 | 旅日記 | Comments(0)
バス停の時刻表をみて唖然としたワタクシは、とりあえずバスで行くことの出来る竜安寺に向かった。皆さまお馴染みのアノ庭を見に。

行ってみるといきなり大きな池があるのには驚いた。へぇ。睡蓮が見頃であれば綺麗であろう。で、例の庭・・・はゾロリと人でいっぱいだぁ。そりゃそうでしょう。そこまでの小径にはフランス語(たぶん)やロシア語(おそらく)が飛び交うインターナショナル空間となっていた。

コマーシャルなどで映されていた一人静かに対するの図・・は望むべくもない。が、それはそれで全然OK。後ろの方から垣間見える石の連なりは暖かい感じがした。はじめまして、ようやくお目にかかることが出来ました。

ウヒウヒと外に出たもののバス停にはすでに行列(というよりひとかたまり)が出来、ゲンナリ。案内の看板を見ると妙心寺まで歩いて15分だか書いてある。フツフツフツ。行こうじゃありませんか。

多分ココからであろうと思われる路地を入り(そういうトコ!!)ひたすら歩く。水ぶくれもなんのその。行け!スットコオバちゃん!!

# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-05-20 19:26 | 旅日記 | Comments(0)