主婦時々宗家 nobusouke.exblog.jp

舞は楽し、のほほん主婦


by のんのん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

多様性

何事も一筋に打ち込むことは容易ではなく尊い事。ではありますが、それが為他が見えず悪くすると他を軽んじるという事になりはしないか。あまつさえ責め立てるなどという事があっていいものか。

このたび仏典(宗旨宗派関係なくバラバラに)を読み、少しばかり歴史を紐解いてみたが政治的な事柄や様々な背景・事情があったにせよ仏教者が「競い合う」とは。

奈良、平安、鎌倉。どっちが(どれが)上とか下とか。自分だけが正しいとか。とても「悟り」や「救い」を目指しているとは思えませぬ。

ワタクシの実家は阿弥陀様で夫の実家は大日如来様。ワタクシの生まれ年の人は大日如来様が守護して下さるそうな(2016の一人旅の東寺さんにて知る)。じゃあやっぱりそっちか(バチアタリ)。なんてことで悩んでるワタクシごときが言う事ではありませんが、お互い尊重して仲良くすればいいじゃん。ネ?

お釈迦様どう思われますか?ワタクシと致しましてはどの仏様にも手を合わせて差し支えないのでは?衆生の個々の思いだけがギクシャクしてるだけで仏様方は泰然自若でおわします。ね?

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2019-01-10 14:49 | Comments(0)