主婦時々宗家 nobusouke.exblog.jp

舞は楽し、のほほん主婦


by のんのん
プロフィールを見る
画像一覧

し〜れ〜と〜こ〜!!

そっかぁ。知床へ行けばシャチもクジラも見ることができるんだぁ!!きゃーー!!そっかぁ、そっかぁ。興奮気味であります。行きた〜〜い!!!
[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-01-02 19:50 | テレビ見聞録 | Comments(0)

明けまして

おめでとうゴザイマス。皆様にとりましてワタクシ(一家)にとりまして今年が良い年でありますように。

正月早々育ちの悪い亭主にムカつきながらも皆無事な年明けにまずまず満足しております。

今年は何か楽しい事が起こりそうな予感(あくまでも予感)。ワクワクしている時が一番幸せでゴザイマスね。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2018-01-01 10:43 | Comments(0)

大晦日

大掃除習慣のラストを飾る大晦日。午前中にザッと掃除機かけたら大掃除パワー使い果たしたみたい。今日明日の料理の準備に専念することにした。

肉は国産!!と思っていたが何の気まぐれかアメリカ産を買っておいたのをジュー!!アラ、イケるじゃん。そりゃそうか、牛肉の本場っちゃ本場ですや〜ん。

年越し蕎麦食べられるかしらん。の年の瀬。あと3時間ちょっと。来年はどんな年??

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-31 20:41 | Comments(0)

ボリビア

カーニバルの衣装が素敵だわぁ!!色とりどりで美しいし楽しそう!!

で、大掃除はもう澄んだのかって?オホホ〜。一気に出来ない還暦過ぎのオバちゃんなのでした。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-30 14:51 | テレビ見聞録 | Comments(0)

ベランダー!?

んん?なんか覚えがあるような。

結局ワタクシがベランダを。あやつは正月飾りを玄関に。それだけ?と思ったら自分の部屋を掃除中。そうそう。息子にお手本見せなはれや(アカン、息子は寝とりまんがな。今夜は飲みだとか。体力温存ってか。あ、起きた)。

休憩(昼食)に飲んだビール(ええ?オホホ)が効いて顔があか〜い!ワタクシでした(気が緩んでるので速攻)。ドヒャ。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-30 14:37 | Comments(0)

準備万端

年末年始の食卓を彩る食材の数々。冷蔵庫を満杯にしてスタンバってます。が、今日明日の食材が・・な〜い!!ということでワタクシの部屋と玄関掃除後ヘロヘロになりながらスーパーへ。

昨日張り切り過ぎて蜜柑をぶちまけた同所。今日は頭が回らない。え〜と、ナニ買うんだっけ?ブツブツ言いながらもなんとか買い物終了。

帰ってみれば夫はノンビリしてやがる(おっと失礼)。今ようやくエンジンかかったみたい。ゴソゴソなんかやっている。仕事納め後の昨日1日フリータイムだったんだからシッカリ家の事やりなはれや。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-30 13:35 | 台所あれこれ | Comments(0)

暖房器具

街へ行ったのは洗面所用の暖房器具を買いたかった為。遠赤外線の暖かそうなのを勧められたが、うちの狭い洗面所では大き過ぎる。

買わずに帰ると「あらマァ!!」なんと息子が小さな暖房器具を買ってくれていた。サンキュー!!ほっこりホコホコ嬉しい年末と成りました。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-29 17:33 | Comments(0)

いいなぁ

アメ横。いいなぁ!!東京へ住みたい!と思う年末。

本日チラシにつられて街のデパートへ行ってみた。蕪なども個包装してあってサスガ。肉、魚も美味しそう。手に届く範囲でチョコッと購入。

帰宅し近くのスーパー2店舗をハシゴ。鏡餅は商店街で。あ〜忙しい。心置きなくあと2日掃除するぞ!!

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-29 17:21 | テレビ見聞録 | Comments(0)

順調

風呂場、洗面所、リビング、キッチン(LDKなのだが半分ずつ日替わりで)と順調に大掃除・・・というか日頃からそれくらい綺麗にしとけよ、のレベルなのですが。

31日は雨が降るカモと言う事でベランダの掃除を前倒しするか夫にやらせるか。息子には自分の部屋をキッチリ片ずけると言う使命があるのだ。

どこのお宅も大掃除事情がおありかと。年の暮れのドタバタは何処も同じ様なモノ。
皆様よいお年をお迎えくださいマセ。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-28 23:48 | Comments(0)

美しい日本語

明治大正から昭和初期にかけての本は数冊読んだことがあるかないか、という程度でしたが文豪と呼ばれる著者の作品を読んでみて、その頃の言葉の丁寧さと相手に気を使わせない謙虚な物言いに心惹かれます。

片や教養ある文化人風、片や年季の入った商人の初対面でのふれあい(商人が物語っていく)というシチュエーション。

自分が自分がという世の中になった今、日本人としてなにか大切なものを忘れて来てしまったのかも知れませんね。

[PR]
# by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-12-27 15:20 | Comments(0)