主婦時々宗家 nobusouke.exblog.jp

舞は楽し、のほほん主婦


by のんのん
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:街角見聞録( 145 )

オールパッキング

なんのこっちゃ?はい、ご説明致しましょう。近くのパン屋さんで発見、トレーにトングを使って乗せるシステムからパンを全て個包装。清潔〜!

オー。それこそ待ってたホイ。えーっと、カジル?ガジル?(齧ってどうする)1階に御座います。お腹空いてたのでポイポイとトレーに乗せたでゴザル。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-11-07 14:51 | 街角見聞録 | Comments(0)

エブリイ

ちょいと足をのばして先月(たぶん)出来たスーパーへ行ってみた。フムフム。ローカルなテレビ番組で紹介された事もあってか大勢さんで賑わっていた。

入り口から順に商品をカゴに入れていくと山盛りになりそうなので、後髪惹かれながらサッサと先へ進む。果物、野菜、あ、魚コーナーに肉コーナー。惣菜やパン。パンが美味しそうだったが人が多くて断念。トレーに入れるのはキツイ。スイートポテトパンの袋入りと積み上げてあった食パンにした。

レジは半自動と言いますか、女性がピッピッとするのは同じだが支払いは客が機械に入れる。ほー。

満足のいく買い物だったが歩いて行くにはイカンセン遠い。近くにポイントカードが使えるスーパーがあるのだが数回行っただけなのだ。まぁ、これから寒くなり運動がてら行きますか。月に一度くらいは。ハハ。

ちなみに本日のお供はキコキコのコロコロではなく、その色の為タマ〜にしか活躍しないピンクのコロコロでした。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-11-04 12:08 | 街角見聞録 | Comments(0)

とりどりの手帳

来年の手帳を買った。コーナーには所狭しと色とりどり、タイプ様々な手帳がひしめいている。ほーほーへーへーと見て回り、お気に入りを見つけた。いつもならそこで決まりだが、今時はどんなのがあるのか全体を見て回った。

で、やっぱりピンときたものが欲しくレジの店員さんにペン挿しの不思議を問い、親切にペンコーナーで説明を受けた。ホー。ペンそのものを挿すのではなくフック(?)部分だけを挿すのかぁ。へー。なるほど。

こうしてルンルンでハンズを後にした。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-11-01 16:05 | 街角見聞録 | Comments(0)

と言いながら

本日もお出掛け。日傘が壊れちゃったんですもの。閉じてクルクルとボタン留めをする際、雑〜にワシワシ回すものだから骨が悲鳴をあげ遂に「ポキ」。

あ〜ん、ゴメンよ〜!日頃モッサリしてるくせにそういう事に関してはイケマセンな。ソロ〜っと丁寧に。その内忘れて元の木阿弥。カッカッカ。

修理の女の子のキチンとハキハキした対応は『直ったら大事に扱おう』と思わせる正直さが心地良いものでした。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-11-01 15:46 | 街角見聞録 | Comments(0)

キコキコオバちゃん吹く

オバちゃん世代以上の買物時必需品コロコロを引いて近所に買い物。数ヶ月前から気が付いていたのだが、コロコロが軋んでいる。キコキコ・・キコキコ・・・。油を注すか?ま、いっか。誰に迷惑かけるでなし。

そんなキコキコオバちゃんがJRでお出掛け(コロコロはお留守番)。すぐ横に座っていた親子連れ、お母さんとお喋りのおぼつかない年頃の可愛いお子。退屈させないようオットリながら話しかけるお母さん。

何か食べ物の話に。「お菓子(?)はどうしたの?」「○○に貰ったの」たどたどしい返答に頰が緩む。「どこにあるの?」「誰かが盗んだの」ブハ!!オバちゃん思わず吹いてしまいました。その後も舌足らずのお子とお母さんの会話は続きます。

駅で降りるのが惜しいようなホッコリとした数分でした。お幸せに。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-10-28 18:24 | 街角見聞録 | Comments(0)

美しきかな

病院の入口近くの椅子に座っていると年配のご夫婦が車から降りた。奥さんが旦那さんの手を取りゆっくりゆっくり歩いてこられた。

その自然なふるまいが美しい。身長差のあるご夫婦はチッチとサリー(ご存知?)みたいで微笑ましい。まっこと仲良きことは。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-10-03 11:50 | 街角見聞録 | Comments(0)

あれぇ?

お母ちゃん、病院の予約今日じゃなかった?あら、下旬に変更したん?(病院で聞いた)な〜んだ。

それではその時に。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-10-03 11:41 | 街角見聞録 | Comments(0)

書のこころ

30年、40年、長く書道をされておいでの方々の心持ちはワタクシにはわかりませんが、本日デパートで催されていた書の数々を拝見し、感動致しました。

お名前(役職等も)を見ずに回っておりますと、素晴らしい作品群の中でも胸に響くお作が何点かございました。

なんの世界でも限りなく奥は深いものだと感慨深く会場を後に致しました。良い時間でした。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-09-29 17:09 | 街角見聞録 | Comments(0)

正義の使者

若者の赤っ恥(と本人は思っているであろう)事件(?)の時、実はただ一人ワタクシと目が合った紳士がいた。

それは責めるような目であった。先ず、何の気なしに座った《思いやり?シート》だって空いていたんだも〜ん。その上隣ではプチ宴会を始めている(全くの他人二人)。そして例の車両間ドア思い切りぶつかり事件。

その全てを紳士はつぶさに見ていたのだ(たぶん)。一瞬の視線の中に【ったく若いのに(オホホ)ソコヘ座ってんじゃねぇ。なんだ宴会かぁ?なんとか言えよ娘だろ?(オホホ)あ!!青年、大丈夫か?ってヘラヘラ笑ってんじゃねぇ!このアホ娘(オホホ〜)】

という思いが溢れておりましたわいな。正義の使者よ、その通り!!スンマセン。あ、隣のカップルは赤の他人ですぅ。しかし尚ヘラヘラが止まらないワタクシ。最寄りの駅で鋭い視線を背中に受けつつ(たぶん)降りました。

いやぁ、JRって面白い。え?娘に見えるハズ無い?ま、母からすると娘ですわいな。オホホのほ〜。

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-09-14 20:35 | 街角見聞録 | Comments(0)

困ったぁ

本日JRで、口許に微妙なホホエミを浮かべ、目を泳がせているオバちゃんを見た!という人、何を隠そうソレはワタクシデス。

だって、、、アッハッハ。若者御免よ。発車寸前に駆け込んだソノ若者。隣の車両に移ろうとして、、、ガッハッハ。ドアに思い切りぶつけやんの!!

オイオイ、そりゃアンタはそそくさと居なくなったから良いさ。残された近辺の乗客はどうすんのさ。大笑いする訳にもいかず『ププププッ!』と身の内に収める苦しさ!!

顔を見合わせてはならじと彷徨わせる目線。自然と上がる口角。く、くるし〜〜〜!!しかしアレでんな。笑わそうとして無いアクシデントほど可笑しい。不謹慎ながらお葬式の時とか。

若者、強く生きるべし。そんな恥なんぞナ〜ンテコト無し!!和ませてくれてアリガトウ!!

[PR]
by ha-na-fu-ji-no-bu | 2017-09-13 18:11 | 街角見聞録 | Comments(0)